HOME > 参加者へのご案内

参加者へのご案内

学会参加の皆様へ

1.参加受付の場所および受付時間

ご参加の方は、参加受付にて参加費を納入し、参加証をお受け取りください。

参加受付・・・
京王プラザホテル札幌 1F ロビー
受付時間・・・

9月9日(水) 12:00~17:30
9月10日(木) 7:30~17:30
9月11日(金) 7:30~16:00

2.学会参加費

医師・一般
13,000円
コメディカル
5,000円
学部学生
無料 (受付にて学生証をご提示ください。(大学院生は除く))

※本学会の参加により、日本泌尿器科学会専門医のための研修単位3単位が取得できます。
日本泌尿器科学会の会員カードをお持ちください。

3.抄録集販売

1部 3,000円で販売いたします。

※会場販売の部数には限りがございますので、必ずご持参ください。

4.会場案内【京王プラザホテル札幌】

第1会場
2階
エミネンスホール
第2会場
3階
扇の間
第3会場
3階
雅の間
第4会場
2階
ローズルーム
第5会場
2階
クローバールーム
第6会場
地下1階
チェリールーム
ポスター会場
地下1階
プラザホール
企業展示
書籍販売
ドリンクコーナー
2階
2階
2階
エミネンスホール前
エミネンスホール前
エミネンスホール前
PC受付
クローク
学会事務局
2階
1階
2階
エミネンスホール前
正面玄関左
ラベンダールーム

5.全員懇親会のご案内

日時:平成27年9月10(木)19:00~20:30
会場:京王プラザホテル札幌 2階 エミネンスホール

6.呼び出し

会場内の呼び出しは行いません。
連絡板を2階 第1会場前にご用意いたしますので、総合案内のスタッフまでご連絡の上、呼び出しやご連絡にご利用ください。

7.ドリンクコーナー

2階展示コーナーにドリンクコーナーを設置致しますのでご利用下さい。

8.ランチョンセミナー・イブニングセミナー

本学会では、整理券の配布は行いませんのでご了承ください。

9.クローク

1階正面玄関ロビー左にクロークを設置いたしますのでご利用下さい。

9月9日
(水)
12:00~18:30
9月10日
(木)
7:30~20:45
9月11日
(金)
7:30~17:00

司会・座長・演者の先生へ

1.司会・座長の先生へ

ご参加の方は、参加受付にて参加費を納入し、参加証をお受け取りください。

  • 講演(口演)の司会・座長の先生方は、担当セッション開始の15分前までに、会場内進行席周辺でお待ちください。
  • 講演(口演)の司会、座長の先生方の受付はございません。
  • ポスターセッションの座長の先生方は、セッションの開始15分前までにポスター会場前の「座長受付」にお立ち寄りください。
  • 定刻通りの進行にご協力ください。

2.演者の先生へ

(1)発表形式

全ての口演の発表形式は、PCプレゼンテーションに限定いたします。
詳細については、≪PC発表の注意事項≫をご覧ください。
また、ポスターのご準備については、≪ポスター発表について≫をご覧ください。

(2)発表データの受付

口演の発表データは、PC受付にて、受付および試写を行います。翌日以降の発表データの受付も可能です。

PC受付
2階 エミネンスホール前
受付時間
9月9日(水)
12:00~17:00
 
9月10日(木)
8:00~18:00
 
9月11日(金)
8:00~15:30

(3)発表時間

発表時間は下記の通りです。PowerPointの枚数に制限はございませんが、発表時間を厳守してください。

一般演題以外
: 進行については司会の先生に一任いたします。
学会賞候補演題
: 発表10分、討論5分
一般演題(口演)
: 発表5分、質疑3分

(4)COI(利益相反)開示のお願い

発表時間は下記の通りです。PowerPointの枚数に制限はございませんが、発表時間を厳守してください。

  • 当日のご発表時にCOIについての情報開示をお願いいたします(全演題該当)。
  • 該当するCOI状態について、口演での発表の場合は、発表スライドの最初(または演題・発表者などを紹介するスライドの次)に、ポスター発表の場合は、ポスターの最後に所定の様式にて開示してください。
  • 所定の様式は、下記スライドサンプルを参照ください。日本排尿機能学会のホームページからダウンロードできます。
    詳細は日本排尿機能学会ホームページ「利益相反」
    http://japanese-continence-society.kenkyuukai.jp/special/?id=15888
    をご確認ください。

スライドサンプル

学会賞候補演題発表

今回、学会賞に、基礎部門16演題、臨床部門50演題、計66演題の応募をいただきました。
学会賞選考小委員会で応募抄録を厳正に査読・評価し、基礎部門3演題、臨床部門4演題の演題が学会賞候補として選出されました。
また、ご了承いただいた一次審査通過演題をポスター会場(地下1階 プラザホール)に掲示しております。
学会賞候補の口演は、9月10日(木)9:00~11:00第1会場(2階 エミネンスホール)で行います。最終選考は、口演発表の評価も加味して、口演発表後に行います。
結果発表は、同日の午後に2階第一会場前の連絡板に掲示させていただき、全員懇親会で表彰させていただきます。

<PC発表の注意事項>

1.口演発表の皆様へ

発表は、パソコンによるプロジェクター1面映写(解像度はXGA 1024×768)です。事務局で用意するパソコンのOSはWindows7、対応するアプリケーションソフトはWindow版Microsoft Power Point 2003,2007,2010,2013です。
Macintoshのご使用、動画を利用して講演をされる場合は、ご自身のパソコンをご用意ください。なお、進行を円滑に進めるため、発表者ツールのご使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。
発表の30分前までにPC受付で試写をお済ませください。パソコン本体持込の場合も動作確認のため、必ずお立ち寄りください。

2.メディアをご持参の場合

(1)

発表データは、CD-RまたはUSBフラッシュメモリーでご用意ください。

  • フォントはWindows標準フォント(MS・MSP明朝、MS・MSPゴシック、Time new Roman、Century等)をご使用ください。
  • Macintosh版Microsoft Power Pointで作成したデータは、必ず事前に、Windows版Microsoft Power Pointで試写を行ってからお持ちください。
  • CD-Rにコピーする時には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCDのセッションを閉じる)作業を行ってください。この作業が行われなかった場合、事務局で用意したパソコンでデータを開くことができなくなり、発表が不可能になります。
(2)

事務局で用意したパソコンにコピーし、動作確認をお願いいします。メディアは、その場でご返却します。(コピーした発表データは本学会終了後、事務局で責任をもって消去します。)

  • 不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。
  • 動画や音声をご使用になる場合は、「PC受付」にて必ず係りに申し出てください。
(3)

発表データのファイル名は『演台番号‐名字』で保存してください。

例:O-001 鈴木

(4)

発表データは事前に別のパソコンにコピーして正常に動作することをご確認ください。

3.パソコンをご持参の場合

(1)

事務局で用意するのは、通常のMini D-sub15ピンに対応する端子のみです。

  • MacintoshやMini D-sub15ピンに変換が必要なパソコンの場合は、必ず変換コネクタをご持参ください。(電源アダプターも必ずご用意ください。)
  • 動画や音声をご使用になる場合は、「PC受付」にて必ず係りに申し出てください。
  • スマートフォン、i-Pad等でのデータ持込み及びHDMIでの送出は対応できません。
(2)

試写用のモニターにて接続確認をしてください。

  • 解像度はXGA(1024×768)です。
(3)

スクリーンセーバー、省電力機能、ウイルス駆除ソフト等が作動しないように設定をご確認ください。

(4)

PC受付にて試写をすまされたパソコンは、発表の15分前までに発表者ご自身で各会場のオペレーター席(会場内左側前方)にお持ちください。

(5)

発表終了後は、オペレーター席でパソコンを返却いたしますので、お立ち寄りください。

4.ご発表について

(1)

演台上にモニター、マウス、キーボードをご用意しておりますので、ご自身で操作し発表してください。(レーザーポインターは事務局でご用意しております。)

(2)

発表中は青色ランプ、終了1分前に黄色ランプ、終了時に赤色ランプが点灯します。

(3)

発表開始時間の10分前まで、もしくは一演題前の発表時に、次演題席でお待ちください。

5.第22回日本排尿機能学会 Take-Home Message プログラムのお願い

本学会では、会期最終日のプログラムとして、本学会を振り返るTake-Home Messageプログラムを予定しております。つきましては、下記内容をご案内いたしますので、ご了解いただきますようお願い申し上げます。


(1)

ご応募いただいた演題が、Take-Home Messageプログラムでピックアップされた場合、発表データの一部をTake-Home Message担当者が使用させていただきます。

(2)

ピックアップした発表データはTake-Home Messageプログラムでしか使用できません。使用後は事務局が責任を持って消去いたします。

(3)

発表スライドの使用について、不可という場合は、あらかじめ第22回日本排尿機能学会運営準備室までご連絡ください。

ポスター発表について

1.ポスター会場

京王プラザホテル札幌 地下1階 プラザホール

<座長の先生へ>

  • 担当セッションの開始15分前までに、ポスター会場前の座長受付へお立ち寄りください。
  • 時間厳守で定刻通りの進行にご協力ください。

<演者の先生へ>

  • 発表3分、質疑2分です。時間を厳守してください。
  • 発表開始時刻にはご自身のポスターの前で待機してください。

2.ポスターの掲示時間および撤去時間について

貼付時間 9月10日(木) 8:00~発表時間前
発表日に関わらず、掲示開始時間から発表前までに掲示下さい。
閲覧時間 9月10日(木) 8:00 ~ 9月11日(金)16:00
発表時間 9月10日(木)17:20 ~ 17:50
9月11日(金)13:20 ~ 13:50
学会賞一次審査通過対象演題のポスターを掲示しておりますがポスター会場での発表はございません。
撤去時間 9月11日(金)13:50 ~ 16:00

【ポスター掲示のお願い】

ポスター掲示後、学会最終日の撤去時間までポスターの掲示をお願い致します。
最終日に学会事務局で回収し、破棄させていただきますので、発表終了後もそのまま掲示ください。ポスターの持ち帰りを希望される場合は、ポスター受付にご連絡下さい。

3.ポスターのサイズと様式

  • パネルサイズ 縦190cm×横90cm
    (昨年大会よりサイズの変更がございます)
  • 演題名・発表者名・所属機関名を各自で用意し、パネル上部(縦20cm×横70cm)に貼付してください。
  • 左上の演題番号(縦20cm×横20cm)及び押しピンは事務局でご用意いたします。

症例報告を含む医学論文及び学会研究会発表における
患者プライバシー保護に関する指針

医療を実施するに際して患者のプライバシー保護は医療者に求められる重要な責務である。一方、医学研究において症例報告は医学・医療の進歩に貢献してきており、国民の健康、福祉の向上に重要な役割を果たしている。医学論文あるいは学会・研究会において発表される症例報告では、特定の患者の疾患や治療内容に関する情報が記載されることが多い。その際、プライバシー保護に配慮し、患者が特定されないよう留意しなければならない。 以下は外科関連学会協議会において採択された、症例報告を含む医学論文・学会研究会における学術発表においての患者プライバシー保護に関する指針である。

(1)

患者個人の特定可能な氏名、入院番号、イニシャルまたは「呼び名」は記載しない。

(2)

患者の住所は記載しない。但し、疾患の発生場所が病態等に関与する場合は区域までに限定して記載することを可とする。(神奈川県、横浜市など)。

(3)

日付は、臨床経過を知る上で必要となることが多いので、個人の特定できないと判断される場合は年月までを記載してよい。

(4)

他の情報と診療科名を照合することにより患者が特定され得る場合、診療科名は記載しない。

(5)

既に病院などで診断・治療を受けている場合、その施設名ならびに所在地を記載しない。但し、救急医療などで搬送元の記載が不可欠の場合はこの限りではない。

(6)

顔写真を提示する際には目を隠す。眼疾患の場合は、顔全体が分からないよう眼球のみの拡大写真とする。

(7)

症例を特定できる生検、部検、画像情報に含まれる番号などは削除する。

(8)

以上の配慮をしても個人が特定化される可能性のある場合は、発表に関する同意を患者自身(または遺族か代理人、小児では保護者)から得るか、倫理委員会の承認を得る。

(9)

遺伝性疾患やヒトゲノム・遺伝子解析を伴う症例報告では「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(文部科学省、厚生労働省及び経済産業省)(平成13年3月29日、平成16年12月28日全部改正、平成17年6月29日一部改正、平成20年12月1日一部改正)による規定を順守する。

平成16年4月6日 外科関連学会協議会 加盟学会
(平成21年12月2日一部改正)

日本泌尿器科学会会員の先生へのご案内
第22回日本排尿機能学会での専門医教育研修単位登録について

日本泌尿器科学会会員様におかれましては、日本排尿機能学会で専門医教育研修単位の取得が可能です。関連学会等のご参加で既にご存知の方も多いことと存じますが、下記事項にご留意いただきますようお願い申し上げます。

1.

日本泌尿器科学会会員で専門医教育研修単位が必要な方は、日本泌尿器科学会「会員カード」をご持参ください。

2.

学会参加受付→参加証に記名→『単位登録カウンター』に「会員カード」と記入済みの参加証を呈示という流れになります。

会員カードをお持ちでない先生へ

2015年4月より「単位登録票」は廃止となりました。参加証の原本をご自身の専門医(初回・更新)認定申請時期まで保管し、申請書類に貼付してください。