第25回 日本ホスピス・在宅ケア研究会 全国大会inとかち

日程表

プログラム

開会式、講演等  | シンポジウム  | ワークショップ | 市民企画 | 自己啓発プログラム

自己啓発プログラム(聴講型セミナー)

9/15 視聴覚室 10:30~11:20

➀「スピリチュアルケア」

【講師】
大下 大圓 氏 
(飛騨千光寺 住職、日本スピリチュアルケア学会 理事、日本ホスピス在宅ケア研究会 理事)
【座長】
横尾 洋子 氏 
(帯広第一病院 看護部長)

9/15 視聴覚室 11:30~12:20

➁「重い精神障害をもつ人への包括的在宅ケア
~包括型地域生活支援プログラム(ACT)の取り組みを通して~」

【講師】
桶田 昌平 氏 
(医療法人社団博仁会 おおえメンタルクリニックゆう  十勝リカバリープログラムセンター統括医師)
【座長】
高橋 邦康 氏
(帯広西病院 院長)

9/15 視聴覚室 13:30~14:20

➂「臨床宗教師の可能性」

【講師】
谷山 洋三 氏 
(東北大学大学院文学研究科宗教学分野 准教授、 日本ホスピス在宅ケア研究会 評議員)
【座長】
山並 秀章 氏
(帯広第一病院 院長)

9/15 視聴覚室 14:30~15:20

➃「オレンジキッズケアラボ」

【講師】
紅谷 浩之 氏 
(オレンジホームケアクリニック代表、 日本ホスピス在宅ケア研究会 評議員)
【座長】
五十嵐大貴 氏
(社会医療法人北斗十勝リハビリテーションセンター理学療法科 副科長)

9/15 視聴覚室 15:30~16:20

➄「看取りと文化、看取りの文化」

【講師】
谷田 憲俊 氏 
(西山医院 副院長 日本ホスピス在宅ケア研究会理事 元理事長)
【座長】
佐土根 朗 氏
(社会医療法人北斗十勝リハビリテーションセンター 副院長)

9/16 視聴覚室 9:00~9:50

➅「医療的ケア児とともに生きる」

【講師】
土畠 智幸 氏 
(医療法人稲生会 理事長 生涯医療クリニックさっぽろ 院長)
【座長】
浅津真由美 氏
(社会医療法人北斗 看護部科長)

9/16 視聴覚室 10:00~10:50

➆題名 「経済格差は人間格差ではない~コミュニティケアの現場で~」

【講師】
ニノ坂保喜 氏 
(医療法人にのさかクリニック 理事長)
【座長】
棟方  隆 氏
(帯広徳州会病院 院長)

9/16 視聴覚室 11:00~11:50

➇コミュニティーケア ~ケアタウン小平での取り組み~

【講師】
山崎 章郎 氏 
(ケアタウン小平クリニック 院長)
【座長】
阿部 厚憲 氏
(帯広協会病院 院長)

■プレ自己啓発プログラム(ワークショップ等参加型セミナー)

◆9月14日(金)16:00~19:00 大会前日ワークショップ 有料3,000円◆ 
研修室306

➀ディグニティ・セラピーワークショップ
~ディグニティ・セラピーを体感してみましょう~(先着40名)

【講演&司会】
船越 政江 氏 
(林山クリニック希望の家、訪問看護ステーションわたぼうし、日本ホスピス在宅ケア研究会 評議員)
【セミナーの内容】

講演とワークショップ

【企画の趣旨】

 ディグニティーテラピーとは、カナダのチョチノフ博士によって2005年に考案された、人生の最終段階におけるスピリチュアルケアの一つのアプローチです。これまでの人生を振り返り、自分にとって最も大切なことを明らかにしたり、周りの人々に一番覚えていてほしいもの(こと)について話をする機会を提供し、それを物語として完成させるものです。今回の企画では、その方法について実習します。

和室

➁臨床瞑想教室(臨床瞑想法の入門講座)(先着50名)

【講演&司会】

大下 大圓 氏 (飛騨千光寺住職、日本スピリチュアルケア学会 理事、日本ホスピス在宅ケア研究会 理事)

【セミナーの内容】

臨床瞑想法に関する入門講座

【企画の趣旨】

 在宅ケアやホスピスケアに関わる職種の方々は、その現場で様々なストレスを感じながら働いています。特に、人生の最終段階の病状であったり、看取りでは、家族だけでなく、関わる職種も大きなストレスに曝されます。そのような時に、心の安寧を取り戻す方法の一つが瞑想法です。今回の企画は臨床瞑想法のプログラムを自分のお寺で、あるいは全国で実践している大下氏に入門講座として研修を行っていただくものです。

講習室402

➂臨床倫理の考え方と事例検討 (先着80名)

【講演&司会】

清水 哲郎 氏 (岩手保健医療大学 学長)

【セミナーの内容】

講演とワークショップ(臨床倫理シート) 180分

【企画の趣旨】

 人々のニーズが多様化する中で、医療や介護の現場で、利用者本人そして家族の意思(推定意思を含めて)や希望を確認することの重要性が増しているとともに、それをどのように実現させるのかの問いが多くなっています。
 人生の最終段階では、医療者介護者の従来行ってきた治療やケアと本人家族のニーズがあわないことが多いのが現実で、そのための多くの葛藤が生まれます。これが臨床倫理と言われるものですが、今回は、この臨床倫理に関する課題をどのように解決するのかについて研修します。

大集会室

➃リンパ浮腫治療セミナー(講演と実技講習)(先着100名)

【講演&司会】
阿部  聰 氏 
(社会医療法人北斗 リンパ浮腫治療センター)
新井 恒紀 氏 
(神奈川衛生学園専門学校学 校長、
NPO日本医療リンパドレナージ協会副 理事長)
【セミナーの内容】

講演と実技講習

【企画の趣旨】

 リンパ浮腫は原発性(もともとリンパの流路が未発達)に起こる場合とがん手術後のほかに、がん進行等による人生の最終段階にかなりの頻度で生じてきます。これまでは、原因が「よくわからない」、原因はわかっていても「よくならない」として放置されていた苦痛への対応法として、複合的理学療法(徒手マッサージ、圧迫療法、運動療法、スキンケア)があり、有効(満足度を高める)であることが次第に認められてきています。今回の企画は、この治療法についての初歩的な知識や技能を伝えるための企画です。医療従事者、介護従事者および関心のある方は誰でも参加できます。

研修室307

➄医療・介護に携わる人たちのためのメンタルヘルス(ケアする人のケア) (先着40名)

【講演&司会】
松田 良信 氏 
(市立芦屋病院緩和ケア内科 部長)
岡山 幸子 氏 
(宝塚市立病院緩和ケア科 看護師長)

フィットネススタジオ

➅ココロとカラダと頭の休ませかた~癒しかた 遊び感覚のセルフケア〜ケアする人のケア〜(先着40名)

【演者&司会】

ごとう恵理 氏(こころ からだ いのち いろは)

大岩 彩香 氏(こころ からだ いのち いろは)

自己啓発プログラム(ワークショップ等参加型セミナー) 会期中(9月15日16日)

➀リンパ浮腫治療セミナー(講演と実技講習)

【講演&司会】
阿部  聰 氏 
(社会医療法人北斗 リンパ浮腫治療センター)
新井 恒紀 氏
(神奈川衛生学園専門学校学校長、 NPO日本医療リンパドレナージ協会 副理事長)
【セミナーの内容】

講演と実技講習

【企画の趣旨】

 リンパ浮腫は原発性(もともとリンパの流路が未発達)に起こる場合とがん手術後のほかに、がん進行等による人生の最終段階にかなりの頻度で生じてきます。これまでは、原因が「よくわからない」、原因はわかっていても「よくならない」として放置されていた苦痛への対応法として、複合的理学療法(徒手マッサージ、圧迫療法、運動療法、スキンケア)があり、有効(満足度を高める)であることが次第に認められてきています。今回の企画は、この治療法についての初歩的な知識や技能を伝えるための企画です。医療従事者、介護従事者および関心のある方は誰でも参加できます。

➁メイクセミナー

【講演&司会】
山崎多賀子 氏 
(美容ジャーナリスト、NPO法人認定乳がん体験者コーディネーター、
 NPOキャンサーリボンズ理事)
【セミナーの内容】

講演と実技講習 90分

【企画の趣旨】

 抗がん剤治療の副作用としての脱毛や皮膚障害(皮膚のあれ)は、治療を受けている人の心理面、者界面に大きな影響(苦悩)を及ぼします。特に女性では、美容の問題として深刻で重要な問題です。この企画では、自身乳がんで治療を受けた経験のある美容ジャーナリストの山崎氏に「キレイ」でいるこのこだわることについてのお話と、メイクアップ、スキンケアについてのこつなどの実技指導を行っていただきます。

9/15 和室302 10:30~12:00 15:30~17:00

➂エンディングノート 心豊かに生きる道しるべとして 

長野 洋志 氏
(株式会社のむら葬祭)
湯川 大輔 氏 
(株式会社ソーゴー印刷)

<<BACK